風俗で体験した修羅場

心掛けの中で悟った重要性

遊ぶからには満足したいと考えるのは当たり前ですが、風俗で満足を求める場合、いろいろなことを気にしなければならないんです。特に思うのは自分自身の心掛けですね。風俗嬢に「楽しませろ」じゃなく、「楽しもう」こそ、重要なんじゃないかなって思うようになりました。ポータルサイトを見たり、あるいはホームページをくまなくチェックすることはとっても重要だと思いますし、自分の満足を形成するうえでのエッセンスであることは間違いないんですけど、指名した女の子にすべて丸投げするようだと、さすがに女の子だって大変なんじゃないかなって思いますよね(苦笑)自分もこの点に気付いてからは、相手の女の子とのコミュニケーションというか、何をしてもらいたいのかは伝えるようにしています。伝え方の問題もあって、上から目線だったり高圧的にならないようにとは思っています。それらの積み重ねによって、「満足」の形も変わってくるんじゃないかなって思いますよ。

退屈だとやっぱり風俗かな

退屈な時に利用するサービスとして、最も素晴らしいのは風俗で間違いないでしょうね。退屈だって思ってから実際に利用出来るまでのスパンというか、風俗店まで行くのはさすがに面倒ですけど、でもデリヘルなら電話すれば来てくれますしね。だから退屈な時にはデリヘル。それが自分の中での不文律になっているんですよ。デリヘルなら本当に楽に楽しめるし、電話されすれば良いだけなんです。それに、デリヘルを利用するならデリヘルのホームページを見るじゃないですか。ホームページを見ているだけでもそれなりに良い退屈しのぎになりますよね。女の子もそうですけど、クーポンを見たり、営業時間や派遣可能時間と言った細かいことを見ていると、なるほどなと思わされることも多いので、退屈な時にはデリヘル。それが自分の中での不文律になっていますね。外に出て意図していない時間を過ごすより、デリヘルにしておいた方が満足度だって全然違うなって思いますし。